笑う女性と薬
  • ホーム
  • アフターピルでの消退出血って何?

アフターピルでの消退出血って何?

微笑む女性

アフターピルは、性行為をして避妊に失敗した場合や望まない妊娠の可能性がある場合に緊急で緊急避妊用ピルです。
服用するタイミングとしては、性行為を行った後、72時間以内で、その後ピルの種類によっては、12時間後に再び服用することもあります。
なぜ、アフターピルを服用すると避妊をすることができるのかというと、アフターピルを服用することによって、受精卵が子宮内膜に着床することを防いだり、排卵を遅らせたりすることができるからです。
このアフターピルの効果としては、80パーセントくらいの確率で避妊効果を得ることができるといわれていますが、服用のタイミングが早ければ早いほど避妊効果をより得ることができるといわれていますから、なるべく早いタイミングで服用することが大事になってきます。
アフターピルを服用するうえで、知っておきたい点としては、アフターピルを服用後には消退出血という出血が起こるということです。
この消退出血とは、ホルモンの分泌が急に減少した時に起こる出血のことで、生理時に起こる出血とは分けて考えられています。
この出血はアフターピルにより人工的に月経が起きたものと考えることができます。
消退出血が起こる時期としては、薬を服用してから数日後、遅くても3週間以内に起こります。
もし、この消退出血が確認できたら、避妊が成功したということになります。
しかし、逆に3週間以上消退出血が起こらなかった場合は、妊娠をしている可能性が否定できないので、一度妊娠検査薬などを使用して、妊娠をしているかどうかを検査する必要があります。
どのくらいで消退出血が起こるのかということに関しては、個人差があり、人によっては2回生理がくる場合もあります。