笑う女性と薬
  • ホーム
  • アフターピルは緊急で出産望まぬなら基礎は低用量ピル

アフターピルは緊急で出産望まぬなら基礎は低用量ピル

ピンクの錠剤

女性に取って、妊娠、出産は、心と身体に大きな影響を及ぼすもので、それなりの準備が整ってからでないと、立ち向かえるものではありません。
近年では、女性の社会進出も進んでおり、責任ある地位で仕事を行っている女性も増えているので、予定外の妊娠によって周囲に迷惑をかけてしまうようなことは、社会人として不適合者といわれても仕方のないことです。
生理習慣があり、出産できる身体を持っている大人の女性であれば、無防備なセックスは避けましょう。
その為にも、普段から低用量ピルを服用し、妊娠しない身体への基礎を作っておくということは意味のあることで、万が一コンドームなどが破損していたとしても慌てなくても済みます。
もっともポピュラーな避妊具として浸透しているコンドームは、男性側が装着する避妊具ですが、意外にも正しく使用できていないがために、女性が望まない妊娠をしてしまっているケースも多く、コンドームだけの避妊対策では完璧とは言えません。
しかし、万が一、低用量ピルを服用する習慣がついていない状態で、避妊に失敗してしまったという時、アフターピルを使えば、妊娠してしまう確率を下げることが可能となるので、あくまでも最後の手段ではありますが、このような手段があるということを知っておくことをお勧めします。
アフターピルは、膣内で射精後、七十二時間以内に服用すれば、妊娠を防ぐことができるといわれている医薬品ですが、低用量ピル程、成功確率は高いとは言えません。
このピルは早く飲めば飲むほど成功率が高まるので、緊急時に備えて普段から用意しておくことをお勧めします。
低用量ピルとは違って、ホルモン量が多いので、激しい吐き気やむかむか、腹痛などの副作用があることも理解しておきましょう。