笑う女性と薬
  • ホーム
  • アフターピル服用後の出血について

アフターピル服用後の出血について

笑顔の女性

アフターピルを服用して数日後に出血がある場合があります。
これは消退出血と呼ばれるもので、アフターピルを服用したから起こったものです。
精子と卵子が受精すると数日かけて子宮内膜に着床します。
子宮内膜は子宮の内側に出来ているもので、受精卵が着床することで妊娠が成立します。
アフターピルは服用することで女性ホルモンの分泌量を一時的に濃くします。
アフターピルの薬の種類によって違いますが、服用は1回から2回です。
そうすると女性の体内のホルモンの量が一気に現象してしまうため、身体は「生理を起こすタイミングになった」と判断して子宮内膜を剥がしてしまいます。
これがアフターピルを服用後の消退出血の正体です。
消退出血が起こった場合にはその前日までに行った性交渉では妊娠していないと考えても良いでしょう。
3日~3週間ほどの間に消退出血が訪れますが、消退出血が起こらない場合には妊娠してしまっている可能性があるため検査を受けるようにしましょう。
アフターピルを服用したタイミングが排卵後の場合、消退出血と通常の生理が同時に起こる可能性があります。
この場合も生理があれば前日までの性行為で妊娠していないと判断できます。
アフターピルを服用してから3日以内に起こった出血は消退出血ではなく不正出血の可能性もあるため、不安な場合には医療機関の診察を受けるようにしてください。
消退出血は通常の生理のタイミングよりも早く子宮内膜を剥がしてしまうため、通常の生理の時よりも量が少なく短めで終わると言われています。
その後、多くの人は通常通りのタイミングで生理が訪れるため、アフターピルを服用した場合には1ヶ月に2回生理があることになります。